歯科用レーザーについて
- レーザー(laser)とはlight amplification by stimulated emission of radiationの略
単一波長を集束させたもので、医療用レーザーは可視光線・赤外線部の波長を使用しています。

歯科におけるレーザーの種類は用途別には診断用レーザーと治療用レーザーがあります。
 診断用レーザーは、虫歯かどうかの診断に利用されます。

治療用レーザーでは生体組織への影響は多様で、虫歯や歯周病を引き起こす、ばい菌の殺菌効果など、以下のようにいろいろな効果を発揮します。

       消炎、除痛、加温
       組織活性化、創傷治癒促進
       蛋白変性、傷の消毒
       血液凝固、止血
       組織の蒸散

このようにレーザー効果による生体組織への効果を、症例ごとにうまく使い分ければ、従来の治療方法に比べ、痛みが少なく、回復も早く、無麻酔もしくは麻酔の使用量が少なくて済むなど患者さんの負担を、より少なく、より良い治療効果が得られるなど、大きなメリットがあります。

レーザーによる歯科治療について
当院ではNd:YAGレーザーを使用しておりますが、歯科治療用レーザーには、炭酸ガスレーザー、半導体レーザー、Er:YAGレーザーなどがあります。それぞれに多少に違いがありますが、主な用途は以下の通りです。
虫歯の治療
レーザーを使えば、虫歯を取り除いた後、目に見えない細菌をレーザーで、より確実に殺菌する事ができます。そして詰め物をする事で、虫歯の再発防止に効果発揮します。
歯周病の治療
歯周病とは、歯と歯ぐきの境にプラーク(歯周病菌)をためておいた結果、歯の周りに「ドブ」(歯周ポケット)ができた状態です。いったんこの「ドブ」ができると清掃もさら難しくなり、ますます歯と歯ぐきの周りにプラークがたまり、その結果がさらに「ドブ」が深くなってしまう悪循環の病気です。

重度の歯周病になるとスケーラーという歯石を取る器具も到達することが難しくなり、手術、あるいは抜歯等が必要となります。

歯周病のレーザー治療では、炎症がある歯周ポケットの中をレーザー光照射で蒸散することによって、歯周病菌も減少し、歯ぐきの血行を促し、引き締まった健康な歯ぐきの再生を促進します。

器具の到達しにくい場所でも、Nd:YAGレーザーでは照射用ガラスファイバーが320μと細いため、照射がより容易です。
歯の根っこの治療
歯の中には神経の部屋(根管)があります。何らかの理由によって、歯の神経を取る場合や膿みがたまった場合、この根管治療の基本は、根管の中を清潔にして、ばい菌の活動できるスペースが無いように緊密に詰め物をするということです。

レーザーを使えば、今まで殺菌しにくかった部分も、より確実に殺菌します。より早く、より確実に、より快適な痛みのない根の治療をレーザーが可能にしました。
口内炎の治療
口内炎の粘膜上皮を痂皮化し、接触痛を早期に治す事ができます。
知覚過敏の治療
むし歯ではなく、歯周病等によって歯の根元が露出したり、歯の根もとが削れてしみやすくなる状態を知覚過敏と言います。主な原因は象牙細管が露出しているためですが、レーザーで処置する事もできます。
メラニン色素除去
メラニン色素で黒色化している歯ぐきの上皮を、レーザーで蒸散させることで新しい上皮を再生し、きれいなピンク色の歯肉にする事ができます。ただ原因が喫煙のため、禁煙しない限り再びメラニンは沈着します。
歯のホワイトニング(漂白)
ホワイトニングの薬剤は過酸化尿素です。レーザーよる発熱作用を利用することによって、短時間で漂白ができます。



Q.レーザー治療には副作用はないの?
A)医療用レーザーは人工光線で、紫外線やX線と異なり人体に対する副作用がありません。また電気メスは体に通電して使用するため、ペースメーカーを使用されている方には使用できませんが、歯科用レーザーならペースメーカー使用の方、妊娠中の方でも安心して受けることができます。
 ただ目への影響が考えられますので、レーザー照射中は患者さんは目を閉じて頂き、防護眼鏡などの使用することがより望ましいです。
 
Copyright(C)2008 杉山歯科医院. All rights reserved.