画像システム
様々な機器について
空気清浄システムについて
滅菌システム等について
当院における画像システム
デジタルX線検査システム

平成16年4月、当院はX線検査のデジタル化を行いました。これは、従来のX線用フィルムの代わりにCCDセンサーを使用し、コンピューター処理により画像を見る事ができます。

デジタルX線撮影装置

デジタルX線用CCDセンサーは、感度が非常に良いため、より少ないX線量(被爆量はフィルム時の1/3~1/10に軽減されてます)で、より鮮明な画像が得られ、画像を拡大したり、過去のX線写真と比較したりが、各治療台に設置されたモニター上で容易にできます。フィルム時のように、現像液で処理しないため環境にもやさしく、処理時間も早く治療時間の短縮にもなります。

フィルム写真より鮮明な画像が得られます
過去のX線写真との比較も容易にできます レントゲン写真と口腔内写真も同時にみれます 画面上でお口の中の状態を確認できます

口腔内カメラ

各チェアー(治療用いす)に設置された小型CCDカメラで、初診時はもちろん、必要に応じて治療途中もお口の中の状態を撮影し、視覚的に説明させて頂きます。

また撮影された写真は、デジタルX線写真と同様に院内LANによって、随時サーバーに保存され、いつでも再び見ることが出来ます。

口腔内カメラ(各チェアーに設置


その他の様々な機器について
Nd-Yag レーザー

レーザー光を利用してお口のさまざまな処置に使います。

>>>レーザー治療についてはこちらから


高周波治療器コスモキュア

高周波を利用してお口のさまざまな処置に使います。


血圧計

一般的な健康血圧計ではなく、手術場でも使える日本光電社製です。


パルスオキシメーター

心肺機能のチェックに使います。

酸素飽和度と脈拍が測定できます



空気清浄システムについて
  
  >>詳しくはこちらをご覧ください

滅菌システムについて

患者さんごとに、治療用基本セットも滅菌パックの上、高温高圧蒸気滅菌され、治療開始時に滅菌された器具が開封されます。

また注射針、注射筒、、メス、紙コップ、ヘッドレスト(治療台の頭をのせる部分)カバーなども衛生面を重視し、全てディスポーザブル製品を使用しています

ステリハイド薬液消毒トレイ


オートクレイブ高温高圧滅菌器


使用直前に開封される滅菌パック

患者さんごとに交換されるヘッドレストカバー

           

Copyright(C)2008 杉山歯科医院. All rights reserved.